読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mthfr677葉酸代謝遺伝子検査

 

mthfrの677だけならamazonで検査できます。

日本での使い方は動脈硬化か妊婦さん向けですね。

 

 

 

■6/2014

f:id:maldigestion:20151116151306j:plain

 

 

 

 

mthfr677T/Tだった場合、副腎疲労の最優先治療事項になるかもしれない。

しかしながら、T/Tだった場合、副腎が疲労するもっと前、幼い頃に自閉症発達障害などが先に問題になっていると思います。

 

677C/T程度でアマルガム経験がなければ、副腎疲労に対する(水銀)キレーションはほぼ無意味なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

以下、ネットから拾い物。

参考までに。

 

 

 

f:id:maldigestion:20151125054400j:plain

 

 

 

f:id:maldigestion:20151125053843j:plain

 

 

 

f:id:maldigestion:20151125053924j:plain

 

 

f:id:maldigestion:20151125054002j:plain

 

 

 

mthfrを治療する時にはcomtも調べる必要がありそうです。

comtの結果によって摂取すべきVB12の形態が決まるそうです。

 

mthfrを回すためにVB12はかかせません。

 

 

f:id:maldigestion:20151125054322j:plain

 

 

 

 

f:id:maldigestion:20151125054337j:plain

 

5mthf活性型葉酸の摂取数時間で劇的に人生が好転したケースもあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■MTHFR

5,10-methylenetetrahydrofolate reductase (MTHFR) is a key enzyme in folate metabolism, facilitating the
formation of methyltetrahydrofolate, a required cofactor in the remethylation of homocysteine (Hcy) to methionine.
Health Implications
・ Heterozygosity for both 677 (-/+) and 1298 (-/+) results in 50-60% reduction in MTHFR enzyme activity, low
folate status, and increased risk of elevated homocysteine (and S-adenosylhomocysteine, or SAH)
・ MTHFR polymorphism-induced SAH elevations may disrupt neurotransmitter metabolism as well as
synthesis of DNA, carnitine, and coenzyme Q10
・ Increased risk of autism, depression, neural tube defects, cardiovascular disease, diabetic retinopathy,
osteoporosis, and some cancers
・ Low folate status significantly increases risk of associated disorders
Treatment Options
・ Ensure adequate intake of folate-rich green vegetables
・ Consider supplementation with folic acid (or folinic acid or 5-methyltetrahydrofolate), vitamins B2, B3, B6
(pyridoxal 5-phosphate), B12 (or methylcobalamin), and betaine (trimethylglycine)


・ MTHFRポリエステル繊維モルフィズムによって誘発されたSAH立面図は、神経伝達物質代謝ならびにDNA、カルニチン補酵素Q10の合成を中断させるかもしれません
自閉症、落ち込み、神経管欠損、心血管疾患、糖尿病性網膜症骨粗鬆症と若干のガンの増加したリスク
・ 低い葉酸ステータスは、連合障害Treatment Optionsの危険性をかなり増します
葉酸の豊富な青菜の十分な摂取量を確実にしてください

葉酸(またはフォリン酸またはメチルテトラヒドロフォレート)、
ビタミンB2、B3、B6(ピリドキサール5-リン酸塩)、B12(またはメチルコバラミン)とベタイン(トリメチルグリシン)でサプリメントを考慮してください

 

 

 

 

 

 

■COMT

Catechol-O-MethylTransferase : METHYLATION
COMT is a key enzyme in the deactivation of catechol compounds such as catecholamines, estrogens, various
chemicals, and toxins. COMT modulates the neurotransmitter functions of dopamine and norepinephrine.
Health Implications
・ Moderately decreased COMT activity with increased bioavailability of catecholamines and impaired
methylation of catechol estrogens
・ Superior mental performance (increased brain dopamine), but increased risk of nervousness, excitability, and
mood disturbances
・ Reduced pain threshold and increased risk of fibromyalgia
Treatment Options
・ Ensure adequate B6, B12, folate, magnesium, and methionine to support formation of S-adenosylmethionine
and prevent elevated homocysteine
・ Ensure adequate anti-oxidants to prevent oxidation of dopamine and pro-carcinogenic 4-hydroxyestrogens
・ Exercise caution using amphetamine-based medications

COMTは、カテコール合成物(例えばカテコールアミン、エストロゲン、いろいろな化学製品と毒素)の非活性化の重要な酵素です。
COMTは、ドーパミンとノルエピネフリン神経伝達物質機能を調整します。
健康上の意味
・ カテコールアミンの増加した生物学的利用能とカテコールエストロゲンの障害のあるメチル化による適度に減少したCOMT活性
・ 神経過敏、興奮性とムード障害の優れた精神的なパフォーマンスである(増加した脳ドーパミン)が、増加したリスク
・ 減少した疼痛域値と線維筋痛Treatment Optionsの増加したリスク
・ S-adenosylmethionineの形成を支持して、高いホモシステインを防ぐために、十分なB6、B12、葉酸マグネシウムメチオニンを確実にしてください
ドーパミンとプロ発がん性4-ヒドロキシエストロゲンの酸化を防止するために、十分な酸化防止剤を確実にしてください