読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

化学から物理への誘い

 

 

■分子栄養学は化学。化学から物理精神へ。

 

 

副腎疲労患者に必要なのは静養と栄養とされている。

栄養は食事とサプリメント
こちらの化学の部分は検索をかければかなり正しい知識が得られる。

口に入れるだけだからとっつき易い。

 

 

ところがうまくいかないケースも多々ある。

 


化学を突き詰めても解決しない、キレーションあるいは遺伝子検査という科学の深層までたどり着いても改善しない副腎疲労。

 

 

それはもう、化学じゃないところに解決を求めなければならない。

 

 

 

化学がだめなら物理と精神。

 

物理とは整体自己指圧などだ。

精神とはカウンセリングまたは自己カウンセリング。
あるいは気の置けない人との時間あるいは害になる人との別離。

 

 


医師、自由診療の医師が担っているのは化学分野の対策のみであり、彼らの腕が悪いのではなく化学じゃ解決しない場所に患者がいる場合もある。


患者みずからが、化学から抜け出さなければならない。

 

 

 

 

サプリメントも点滴も化学。

化学から抜け出せば新しい世界が広がる。